外山気功療術院

気功整体やコーチングであなたの体と心をサポートします

お知らせ

気功×コーチングはとても重要な考え方

気功だけを取り扱っているところや、コーチングだけを取り扱っているところがあります。
それぞれの専門分野に特化しているという点では、それぞれの技術を最大限に発揮されていることだと思いますが、気功とコーチングの両方を取り入れることで、大きな相乗効果を生み出すのです。

西洋医学では、薬や手術といった治療を行います。
熱が出ていれば解熱剤、悪い細胞があれば手術で切除、といった具合にそれぞれの症状に対して原因を取り除くような考え方が多いです。

東洋医学では未病と呼ばれる病名は無くても体の調子が悪いような状態を表す言葉がありますが、未病のような状態の場合には、医者にかかっても異常無しとされてしまうことが多いのです。

しかしながら、本人が体調不良を訴えている以上は、何かしらの原因があるはずです。
原因が無いのに、体調不良を訴えているのだとすれば、それはただの嘘であり仮病ということになってしまいます。
医者の口から、「特に体に異常は無いからゆっくり休養してください」などと、原因が明らかにされないまま、休むことだけを勧められた日には、いろいろと心配になってしまいます。

気功は東洋医学における治療法の一つなので、西洋医学の考えとは異なります。
「目に見える異常が無い=健康」という考え方はしません。
例えば、肩こりや腰痛の原因は、痛みのある箇所だけが原因ではないことがあります。
痛みがある場所とは違う場所から悪い気が流れてきていることがあるからです。
気功はそのような、根本的な原因となっている部分の改善を目指した治療法なのです。


気功にコーチングの考え方を取り入れる

気功は、施術者が非施術者に対して行う治療法なので、気功を受ける側の意志に関係なく施術自体を行うことは可能ですが、体調不良を改善する上では、施術を受ける側の気持ちは非常に重要で、改善にかかる時間にも大きく影響します。
例えば、施術を受けている本人が症状を改善する意志が無ければ、気功施術を行ったとしても、症状の改善には時間がかかってしまいます。

症状を改善する意志が無くなってしまっていることにも何かしらの原因があるはずです。
症状自体の根本的な原因と、施術を受ける本人の意志までを関連付けて考えることが、気功とコーチングを合わせた施術と言えます。

コーチングを取り入れることで、症状を改善するための目標を明確にします。
症状を改善するまでの道のりが不明確だと、ゴールの見えない長い道のりに絶望してしまいます。
仮に、ゴールまでの距離が遠かったとしても、道筋がしっかりと見えていれば、症状の改善に向かって歩を進めることが出来ます。

コーチングで心の面から良い方向に向かわせていくことで、症状自体の改善にも大きく影響を与えるのです。


あまり考えないようにすることが、症状改善への近道

何事も意識をし過ぎていいことはありません。
症状に対して煩わしさを感じたり、改善しないものだと諦めてしまったり、心配したりすることは症状の改善を遅らせてしまうことがあります。
症状以外のことを考えたり、前向きな気持ちになれれば、本来、体が持っている自然治癒力で改善されていくものです。

気功とコーチングを利用することで、必要以上に心配すること無く、自分自身の体に委ねることが出来るのです。